PP:94Pt!

リュショット・シャンベルタン グラン・クリュ [2009] (フィリップ・パカレ) Ruchottes Chambertin Grand Cru [2009] (Philippe Pacalet) 

Rakuten Super Points
Buy it and earn 310 Points!! Details
Coupon OK Details
$ 256.42 (¥ 31,085)
Actual price may vary according to exchange rates.
Payment will be charged in yen

Sold Out

This page is a simplified version of an original Japanese page.
See the original page
Domaine Phileppe Pacalet
Domaine Philippe Pascal

Domaine Phileppe Pacalet ドメーヌ・フィリップ・パカレ

"Preacher of young natural winemaking"
と評される実力派!ブルゴーニュ好きは、必飲!!


"Marcel LaPierre's nephew in the Prieuré lock of person served as the brewing head! "Lightnin ' introducing Philippe Pascal is.

しかし、今や【フィリップ・パカレ】の名前は、自然派ワインを代表する造り手の1人と同義になったのではないでしょうか。
とはいえ彼のワインに対するアプローチは不変です。
ヴィオワインの祖ともいえる【ジュール・ショヴェ】に師事し、ショヴェの哲学やエスプリを引き継いでワイン造りに向かう1 人です。

【ジュール・ショヴェ】と聞いてもあまりピンとこないのが正直なところでしょうが、彼の残した哲学を受け継いでいる生産者の系譜を見ると、その影響の大きさを感じざるを得ません。

酸化防止剤や農薬に頼らないでワインを造り、しかも熟成によってえもいわれぬガメイを生み出したマルセル・ラピエール、ジュール・シュヴェの弟子【ジャック・ネオポール】からワイン造りを学んだ【ヤン・ロエル】、その他にも【フレドリック・コサール】、【イヴォン・メトラ】、【ジャン・フォイヤール】など【ジュール ・ショヴェ】の残した書物から学んだ生産者は多くいます。
その[Philippe Pascal] is [Jules shave: last protégé.
彼はジュール・ショヴェと6年間寝食を共に過ごし、その哲学を学びました。


And its philosophy.

"Using a natural yeast to ferment"
"Without SO2 brewing inside'
"Without the for pesticides and herbicides kill natural yeasts in the field"
「化学肥料を用いない」
「完熟した健全な果実を用いる」


これらの手法は近代的な醸造技術や栽培方法が発明されていなかった1950年代までは、誰もが行っていた手法です。
しかし、より効率的で収益性の高い栽培 醸造法が開発されるとその技術は一気に広まり、古典的な技術を駆逐していきました。
しかしながら近年、より自然な栽培 醸造方法で、その土地のテロワールを忠実に表現したいと考える生産者が少しずつですが見られるようになりました。ショヴェの想いを継ぐフィリップ・パカレも勿論その1人です。

実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。
画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。
栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。

醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。
同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖も行いません。

今や自然派と呼ばれるワインに採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。
そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。

パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの素晴らしいワインを生み出しています。

彼の師であるジュール・ショヴェも「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と語ります。
Experience at the Prieuré rock and thorn Philippe Pascal goes a step further by their 5 years of winemaking, has come a more complete wine route.


フィリップ パカレのワインの熟成に関して

Without we fathers and the sulfite in fermentation and brewing, some incorporating modern technology, to create real wines.
Sulfite is small when the next-door wine is exposed to air, only. Not synonymous with sulfite preservatives. Effect of tannin, acidity, alcohol and carbon dioxide, Lees, of these elements or small affected the length of maturation of the wine in neat brewing and storage environments, you are.
If If you drink young wine (jars from a period of approximately three years), to drink from the carbon dioxide in the wine decanter is recommended.

Features 3-7 years with the wine producing areas will become even clearer. If you look at the old wine is aged 13 to 15 years.
To go further and State per solid such as cork and ripening conditions depends maturity curve. However, suddenly deteriorated from past life in a healthy environment, it is not.

1992 "Domaine, Prieuré, lock, BGO cuvee Pasquale" drink in Paris and Geneva, and interesting about the maturation of the wine.
In 1992, light crop. But at BGO, let alone [o-Mézières] and ended up dead instead of losing youthfulness by [Clos Vougeot], if you do not.
One important thing is that (originally a brick color was) regained the blackish and slightly from the tones of the original color.
By conscientiously pericarp anthocyanin composition it looks strange, but because the extraction of peduncle and Lees for bottle ageing of the slowly maturing like this color change is.
To illustrate another one single color changes recently in Paris Bistro [Vartan] my [gevrey-Chambertin 2001] thought when we were drinking in 2005 or so. From compared to filling the bottles immediately after the color had become much stronger.


フィリップ・パカレ
かつてプリューレ・ロックの醸造長を務め、かのDRCの醸造長の座を蹴った事でもおなじみのパカレさんは、今では自然派ワインを代表する生産者としてすっかり定着しています。個人的には自然派ワインという言葉は好きではありませんが、パカレの造るワインが一種独特の味わいを持っており、美味しいという事は間違いありません。 2009年からはラインナップもさらに充実し、今後も目が離せない造り手です!

パカレ独特の香りはしっかりあるものの、それ以上にミネラル感が強く出ており、例年以上に複雑な香りです。旨味が凝縮した果実味、良く溶け込んだタンニン、強めのミネラル感など味わい要素が溢れんばかりで、全体のバランスが取れて飲み頃を迎えるには、少なくとも5年以上の時間が必要なようです。パカレのラインナップの中でトップの仕上りです。

* Product images is helpful. Vintage brand name will deliver.

≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方

商品説明
フランス
産地 ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイ
ブドウ品種 ピノ・ノワール100%
タイプ 赤・ミディアムボディ
内容量 750ml
保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。

【ワイン通販】【通販ワイン】
【赤 フルボディ 】 【フランス 辛口 赤 】 【ブルゴーニュ 辛口 赤 】 【シャンベルタン [2010] 】 【自然派】【ヴィオディナミ】 【フランス 赤 辛口 】 【ブルゴーニュ 赤 辛口 】 【ドメーヌ フィリップ パカレ】 【リアルワインガイド 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】

Recently Viewed Products

×

Not available for Overseas shipping

This product cannot be shipped to Us United States from the store.

Please contact the store for further information.

×

"Delivery Rates : EMS (International Express Mail Service)"

Ship to
Shipping Method
Note: Exchange rates are for reference only.